税理士法人 植松会計事務所

相続・相続税、宅地や建物の評価
についてのご相談など
お気軽にご相談ください。


税理士法人          植松会計事務所

住所|〒983-0868
   仙台市宮城野区鉄砲町中5-6
電話|022-297-2771
相続専用|050-3579-6115
受付時間|8:20 ~ 19:00
定休日|土・日・祝

財産を相続したときの税金

亡くなった人から各相続人等が相続や遺贈などにより取得した財産の価格の合計額が基礎控除額を超える場合、
相続税の課税対象となります。

相続税ってどのような場合にかかるの?

相続税の課税対象となる課税遺産総額の計算

相続税

 相続や遺贈によって取得した財産(遺産総額)の価額と、
  相続時精算課税の適用を受ける財産の価額を合計します。

     宅地や建物の評価方法

①から債務、葬式費用、非課税財産を差し引いて、遺産額を算出します。

遺産額に相続開始前3年以内の暦年課税に係る贈与財産の価額を加算して、正味の遺産額を算出します。

 ③から基礎控除額を差し引いて、課税遺産総額を算出します。

注:正味の遺産額が基礎控除額を超えない場合には、相続税はかかりません。

課税遺産総額の計算

相続税の計算

相続税

課税遺産総額を法定相続分どうりに取得したものと仮定して、
  それに税率を適用して各法定相続人別に税額を計算します。

①の税額を合計したものが相続税の総額です。

②の相続税の総額を、各相続人、受遺者及び相続時精算課税を適用した人が
  実際に取得した正味の遺産額の割合に応じてあん分します。

③から配偶者の税額軽減のほか、各種の税額控除を差し引いて、実際に納める税額を計算します。

  「配偶者の税額軽減(配偶者控除)」参照

相続税の計算例

※平成26年12月31日以前に亡くなった人に係る相続税については、
 上記の基礎控除額や税率などが異なりますので、詳しくは税務署にお尋ねください。

配偶者の税額軽減(配偶者控除)

配偶者控除

配偶者が遺産分割や遺贈により実際に取得した正味の遺産額が1億6,000万円までか、配偶者の法定相続分相当額までであれば、配偶者に相続税はかかりません。

なお、配偶者控除を受けるためには、相続税の申告書の提出が必要です。

注:正味の遺産額のうち仮装又は隠蔽されていた部分は、配偶者の税額軽減の対象とはなりません。

税額から控除されるもの

 未成年者控除 
相続人が20歳未満の方の場合は、20歳に達するまでの年数1年につき10万円が控除されます。

 障害者控除 
相続人が障害者の場合は、85歳に達するまでの年数1年につき10万円(特別障害者の場合は20万円)が控除されます。


 暦年課税に係る贈与税額控除 
正味の遺産額に加算された「相続開始前3年以内の贈与財産」の価額に対する贈与税額が控除されます。


 相続時精算課税に係る贈与税額控除 
遺産総額に加算された「相続時精算課税の適用を受ける贈与財産」の価額に対する贈与税額が控除されます。
 なお、控除しきれない金額がある場合には、申告をすることにより還付を受けることができます。